にじいろi-Ru(アイル)のメールアドレスが変わりました!

新しいアドレスは、jibunrashiku1999@gmail.comです。よろしくお願いします。

 

 

あたりまえとされる性

(身体のかたちでその人の性は決まる、誰もが異性を好きになる)

の在り方の中で

生きにくさを感じ

“じぶん”を生きることができない

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)とされる子どもたち。

 

セクシュアルマイノリティとされる子どもたちは

家庭、学校、社会の中で多くの悩みや、不安を抱えています。

 

 

「ボクが好きになる人は男の子…これっておかしいの?」

「わたしが好きになるのは、女の子・・・これって変?」

「好きな服が着たい。でも…」

「自分の体がイヤ」

「恋愛の話っていややなぁ・・。ひとを好きにならない私っておかしいの?」

「女の子として見ないでほしい」

「男の子として見ないでほしい」

「じぶんのキモチをどう伝えたらいいかわからない…」

「じぶんの思っていることを言ったら“おかしい”って言われるのでは…」

 

 

その悩みや不安の内容は

「誰にも言えないこと」「言ってはいけないこと」と思っている子が多く

 その結果、周りからは見えにくい存在になっています。

 

わたしたちは、そんな子どもたちに伝えたいのです。

「じぶんでいいよー。」

「あなたはおかしくないよ!」

「ひとりじゃないよ!」 

 

人の数だけセクシュアリティはあって

自分と隣りにいる友だちのセクシュアリティは違っていいんだよ。

 

誰もおかしい人なんていないんだよ。

 

じぶん、まる!

 

セクシュアルマイノリティとされる子どもたちと

すべての子どもたちが

“じぶん”でいられる居場所をつくりたい

そのために

にじいろ i-Ru(アイル)は動いていきます。

 

*メッセージをくださる方へ*

にじいろi-Ru(アイル)からの返信メール ( jibunrashiku1999@gmail.com ) を受け取れるようにしておいてください。

 

 

【メッセージ】

メモ: * は入力必須項目です